ジェルネイルスターターキットのおすすめをランキング

私がジェルネイルのスターターキットを買ったきっかけは、出産後になって自由にサロンに通えなくなった事でした。
もちろん赤ちゃんの世話をするのには、綺麗に切り揃えた何も施していない素の爪が一番良いというのは百も承知ですが、長年の趣味であった爪のオシャレを楽しめなくなったというのは、ただでさえ産後で行動に自由がきかなくなった私にとってストレス以外の何物でもなかったのです。
そんな時にママ友からおすすめされたジェルネイルスターターキット。
自分でセルフをするなんて事は全く思いつきもしなかったのですが、最近のセットはサロン並みに優秀な物も多いとの事だったので試しに人気のアイテムを買ってみることにしたのです。
インターネットで塗り方のコツなどの情報を集めながら、まずは試しに薄いピンクを単色で塗ってみたところ、スムーズに塗ることができ、LEDライトをあてるとサロンと同じくらい早く硬化させる事ができてとても満足いく仕上がりとなりました。
独身時代から長年サロン通いを続けていたという事もあり、デザインの知識は持っていたので、2回目以降は凝ったデザインにも挑戦し、今ではこのジェルネイルスターターキットを使ったセルフの時間が私のストレス解消となっています。
今までのサロン代を考えると、バカバカしくなってしまうほどリーズブルな値段で本格的な爪のオシャレを楽しむ事ができるので、今後もサロン通いはせずにセルフを楽しんでいこうと考えています。

自分でセルフして楽しんでいます

デザインによるものの、毎回サロン通いだと結構な費用がかかるジェルネイルですが、私は割と手先が器用な方なので自分でできるかも?と思い、スターターキットを通販しました。
まずは試しに、価格が安くていろいろな道具がセットになっている物を選びました。LEDライトやブラシ(複数本あるのがいいです。)、プッシャー等は今でも重宝してますが、セットでついてきたカラーやシール、ラインストーンなどは明らかに売れ残り的なものばかりだったので、練習用に100円均一で購入した付け爪に塗って練習する用にしか使いませんでした。
カラーは最初に何色がを選べるショップも今は増えてきたので、そういったメーカーのを選べば初期費用がお得になるのでおすすめですね。
ジェルネイルスターターキットの使い方も慣れてきた頃に、雑誌などから自分の好きなデザインを選んで、カラーやシール等を買って実践。今では季節に合わせたり洋服に合わせたりと自分でネイルを楽しんでます。
フレンチなど基本なものであればいいのですが、文字や絵を入れるなど凝ったアートにしたい時は、やっぱり自分でやる場合だと利き手に塗るのは難しいですよね。
そんな時の私の裏ワザはクッキングシート。そこに、入れたい文字や絵を書いて硬化するんです(未硬化分のジェルは拭き取ると良いです)。竹串やピンセットで綺麗に簡単に剥がれますので、後は爪に乗せて、透明のジェルで接着して硬化。最後にクリアジェルを縫って硬化して拭き取り。これだと、利き手も綺麗に好きな文字や絵が入れられますよ。
最初はだれもが初心者なので、何から揃えて何が必要なのか分からないことも多いと思います。その点、ジェルネイルスターターキットでしたら基本のセットは含まれているので、「試してみようかな、私にもできるかな。」と思ったら、ランキングや口コミなども参考にして買ってみる価値あると思いますよ。